FX投資にトラ

FX投資にトライする前に、所有する通貨数を決めておくという点も重要です。所有する通貨量を先に決めておき、それを超えるポジションは持ってはなりません。このようにすることで、勝ちが出ても利益は減りますが、損失も減ります。株の初心者にとって苦手なのは、ずばり損切りだといえます。

上がるとついつい思ってしまって、手放さない場合が多いです。

または、損したくないと考え、さらに損失を広げてしまうケースがあるのです。絶対とか100%ということなどないので、損失を最小限で済ませるという事も株投資においては、すごく大切な事です。株を始めたばかりの人はどの会社に投資したらいいのかわからないので、株式雑誌で推奨されている銘柄の中からよさそうな会社を選んで売買します。
これらを経験して、段々と知っている銘柄の数を増やすことで、自分で上がると思える銘柄を発掘することにつながるのだと思います。
株の経験がない方だけでなく、株式投資をする人の大部分は極力安価な手数料のネット証券に口座を開くべきだと思います。なぜかといえば、株式を売り買いする際の手数料が格安であれば株式投資の売買が随分状況に応じることができるからです。

FXと外貨預金との違いに、元本保証やレバレッジの利用等がございます。銀行へ預けるお金が外貨預金ですから、基本、元本は保証されます。

FXではレバレッジを使うことができ、手持ち資金の数十倍以上の金額で運用することができますが、反対に多大な損失が起こることもあるので、ハイリスクにもなるのです。

投資にいつも付きまとうリスクとして追証というものが存在します。
当然ながら、FXの場合でも起きる問題です。
あまりにも利益を追求しすぎてギリギリの資金でしようとすると、証拠金維持率を下回ってしまうことも少なくないのです。そうなってしまえば、取引が思い通りにいかなくなるため、余裕を持った資金で行うことが利益に繋がるのです。皆そうじゃないかと思うのですが、自分は株を始めたころ、初心者でチャートの見方が、判然としませんでした。

現在も完璧にわかるというわけではないのですが、「おそらくこうだろう」という読み方があり、ちゃんと参考にしています。

ただ、今でも稀にやり損なってしまう時もあります。
FXが初めての人が注意することはレバレッジをよく見ておくことです。相場の動向が予測と逆行しているにもかかわらず、適当に買い下がっていると、気が付くとレバレッジが高くなっていて、証拠金維持率などの状況を注意しておかないと強制的にロスカットされます。
ロスカットの事態になると、大きな損になることがほとんどです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ