株を所持する場合、自身の資金に

株を所持する場合、自身の資金に対する利回りを意識するのではと思います。銀行に預けた場合にもさほど利息がつかない現在では、投資信託や定期預金、国債や債券に比べ、利回りが良いものでなくては投資を行う意味がありません。

しっかりと利回りを意識しながら投資をすることが重要なのです。
FXでは、短期の売買がほとんどでしょう。

その中でもわずかな値動きにより利益を抜いていくデイトレードでの際、一瞬の値動きにて売買を繰り返していくわけです。利益が大きくないため、取引回数で利益を出すのと、損を極力小さくするために、損切りを徹底しないと儲けられません。FXの場合はどの通貨ペアを選択するかが重要なポイントになりますが、初心者にとっては、何が何だか分からないでしょう。

理解にはある程度の時間が必要になるため、全く分からない状態で取引を始めてしまうと失敗するケースが多いです。
一方、日経225というのは投資対象が日経平均株価であるため、個別の銘柄を選ばなくてよく、投資が容易だといえます。
FXならば、レバレッジを利用できることもあり、自身の予想と逆に、動いたケースには、損切りを余儀なくされてしまうことが非常に多いと言えます。

一気に手元のお金が無くなるということも、往々にしてあることなのです。

ですけど、FXは株よりも利益を効率よく上げることができると考えられるかもしれません。

FXの世界には、さまざまなFXの会社があります。
その中で比較的認知度が高い会社が、その名も「くりっく365」という会社なんです。くりっく365の特徴となるポイントは、株の時と同じにはなりますが、売ったり買ったりする毎に毎回20%の税金が徴収されてしまうということです。

勿論、取引でのマイナス発生時には、税金を徴収されるということはないです。
ご存じだと思うのですが、株取引には現物取引や信用取引があります。
やっぱり初心者にはハイリスクの信用取引は良い取引方法とは言えません。

自分の持金以内で投資ができる現物取引を断然お勧めします。資金以上に損するリスクがないんですから。ほかにも、優待狙いでじっくり株を持ち続けるのもアリだと思います。

株式投資の未経験者の方が、決算書を読みたいと思っても、報告内容がさっぱりわからなくても仕方がありません。

実は、心配しなくても平気です。

株を長く持たず、短期売買に決めれば決算書を気にせず利益をあげられるからです。株式投資をする人の多くは買っている株をどういうタイミングで売り抜けるかということにためらうかもしれません。でも、最も高いところで株式を売り抜くということはかなり難しいので、「頭と尻尾はくれてやれ」の心構えで売り抜けられれば問題ないのではないのでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ