よく誤解されることもあるようですが、

よく誤解されることもあるようですが、円安とは円の持つ価値が他国の通貨よりも相対的に下落していることなのです。
一般的に、円安になると株が上がりやすくなっています。輸入産業では、輸入コストが上昇してしまい収益減となりますが、逆に、輸出企業の場合には業績は好転します。

自動車や機械などの日本が海外に向けて売る商品が売れやすくなり、その結果、業績があがり、株価が上昇するのです。

FX取引でのスリッページの意味はトレーダーにとって不利な方向へ価格変動が起こって約定することを指します。
指値注文といった価格を指定する注文をしないで、価格指定を行わない成行注文が失敗した時に発生します。相場が大きく動きやすい時に起こることが増えますが、約定力の高いFX業者に取引を任せた場合は起こりにくいです。株取引に慣れていないのなら確定申告への備えとして、源泉徴収ありの特定口座を取引口座として開設することをご提案します。よくわからない確定申告の作業や調査に費やす時間をできるだけ減らして、かわりに、株式投資のための情報を調べることに時間をかけることができ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ